超低分子シーフコイダンの販売サイトです

TEL0120-251-778
受付時間: 毎日 AM 9:00 ~ PM 9:00

超低分子が選ばれるわけ

「フコイダン」も商品化がすすみ、各種メーカーからいろいろなものが発売されていますが、決定的なちがいは、吸収率の問題です。
どんなに良い「フコイダン」を摂取しても、体に吸収しないのであれば意味がありません。

たとえば、すばらしい成分が入った10,000円の健康食品があったとします。
しかし、分子量が大きいために、全体の5%しか吸収できないとすると、10,000円の物でも、500円分しか体内に吸収できないということになります。

逆に、この商品の半分の成分しか入ってない物でも、100%吸収できるのであれば、さきほどの10倍のパワーが期待できるということになります。

このように、吸収率を高めるということは非常に重要なことです。


人が食べ物を歯でかんで飲み込んで、溶かし、送りこむときの大きさは約3,000~4,000分子の大きさといわれます。
けれど、その分子の大きさでは栄養素の約4~5%しか吸収されません。
残りは排出されてしまうのです。

超低分子と高分子の違い

フコイダンはよく「直接接触しなければはたらかない」といわれています。

しかし、それを解決するためのキーワードがあります。
それは超低分子化です。

吸収率を高めるためには、フコイダンの分子量を小さくすれば、体内に効率よく入りこみ、直接触れる部分以外でも、あらゆる場所にたどり着きやすくなるのです。
超低分子化されたフコイダンは、体内の細胞が吸収できる大きさよりさらに10分の1の大きさ(約500分子量以下)にすることで、だれでも、栄養素の吸収を高めることができます。

さきほどのお話と同じように、いくら良質のフコイダンだとしても体内に吸収されなければ、意味がありません。

低分子化された吸収の良いフコイダンは、口にふくんですぐに吸収できますので、いろいろな場所に到達しやすく、メリットが高まります。

↑ PAGE TOP